ビットコインとは?

ビットコイン




ビットコインとは?

時価総額ランキング:1位

ビットコインとは、初めての仮想通貨(暗号資産)です。

円、ドルのような法定通貨とは異なり、紙幣、硬貨としては存在しないインターネットを通して送信出来る仮想通貨(暗号資産)です。

仮想通貨(暗号資産)とは?

仮想通貨(暗号資産)とは、コンピュータ・プロトコルです。

コンピュータ・プロトコルとは、コンピュータ同士でどのような情報がやりとりされるのかを決めるルール集のことです。

このルール集は中央に存在する機関を持たない(非中央集中型)ネットワークを形成するために、個々のコンピュータがインターネットを通して繋がることを許可しています。

ビットコインの歴史

サトシ・ナカモトと名乗る人物が発表した論文(ビットコイン:P2P電子マネーシステム)は、世界中のプログラマーやエンジニアを魅了し、経済学者や起業家の注目を集めました。

ビットコインが最初に通貨としての価値を持ったのは、2010年5月22日のことです。

フロリダ在中のプログラマーが「ビットコインでピザが買いたい」とビットコイン開発者のフォーラムに投稿して、それに応じたピザ屋がいて、「ピザ2枚=1万BTC」で取引が成功しています。

現在、5月22日は「ビットコイン・ピザ・デイ」と呼ばれて、ビットコイン関係者のお祭りの日になっています。

ちなみに、ピザ屋が手にした1万BTCを現在のレートに換算するとおよそ10億円です。とんでもない高値のピザだったことになります。

ビットコインの特徴

1.単位

BTCまたはSatoshi。Satoshiは生みの親のサトシ・ナカモトの名前にちなんでいます。

1Satoshi=0.00000001BTC

2.発行量に上限があり、2,100万枚までしか発行出来ない

ビットコインの発行量には2,100万枚が上限に定められていて、約4年ごとに発行量は半減していくことになっています。

計算上では、2141年に全てのコインが発行済になる予定です。

3.少額から購入できる

1BTCが高騰していても心配する必要はないです。取引所によって違いはあるが少額から取引出来ます。

4.24時間いつでも取引OK

ビットコインの魅力は、1年365日、24時間いつでも売買したいときに取引が可能です。

5.アイコン

7.国内取引所

ビットフライヤー/コインチェック/Zaif/DMM Bitcoin/TAOTAO/DeCurret/楽天ウォレット/BITMAX etc.

ビットコインのメリット

1.送金手段として

ビットコインの得意分野は、海外送金。日本から銀行経由で外国に送金すると、いちいち確認が必要なので手間と時間もかかるうえに、手数料もかなり取られます。

海外送金にかかる費用には、送金を行う銀行に支払う手数料(送金手数料)と、中継する銀行や受取る銀行に支払う手数料(海外中継銀行手数料・受取銀行手数料)があります。また、外貨で送金する場合には、その日の為替レートで両替し、両替の発生しない円のまま送金する場合には(円貨送金手数料)がかかります。

ビットコインなら1%ほどの手数料で瞬時に送金が完了します。これなら1,000円単位でも気兼ねなく送金できるので、送る人も、受取る人も、双方満足です。

2.投資対象として

ビットコインは、円やドル、あるいは株と同じように、売ったり、買ったりすることが出来ます。

ビットコインの売買は、「いくらで売りたい」という人と、「いくらで買いたい」という人がマッチすれば取引が成功します。

ビットコインを売りたい人と買いたい人を結びつけるのが「取引所」です。

ビットコインの価格は常に変動しているので、下がったときに買って上がったときに売れば、その差額が儲けになるのは、他のあらゆる投資と同じです。