暗号資産(仮想通貨)ランキング

ビットコイン




M
どうも管理人のMです。
こちらのサイトでは暗号資産(仮想通貨)に関連することを紹介しています。
今回は直近の暗号資産(仮想通貨)のランキングについてご紹介します。
暗号資産ランキングは時価総額順になっており、今回紹介した暗号資産は全て国内取引所で購入可能となっておりますので、今後の購入の参考にしていただけると幸いです。

暗号資産(仮想通貨)国内ランキングTOP20

Bitcoin(ビットコイン)

暗号資産の王様

世界で最初に誕生した暗号資産!サトシ・ナカモトと名乗る謎の人物が開発し、特定の国が管理しない世界共通の通貨して作られました。

数ある暗号資産の中でも一番有名で、全ての暗号資産の源となっております。

通貨以外にも金融資産としても機能しており、時価総額ランキングも過去一度もDWONしたことなく不動の1位となっております。

公式サイト:Bitcoin

通貨単位:BTC

国内取引所:Money Partners/Liquid by FTX/bitFlyer/bitbank/GMOコイン/Huobi/BTCBOX/BITPoint/DMM Bitcoin/SBI VC Trade/Bitgate/Coincheck/Rakuten Wallet/DeCurret/LINE BITMAX/OKCoin Japan/kraken/CoinBest/DIGITAL ASSET MARKETS/CoinTrade/Tokyo Hash/Coinbase/Zaif/SEBC

Ethereum(イーサリアム)

イーサリアムの暗号資産

分散型アプリ(Dapps)を開発しているコミュニティのイーサリアムで発行されている暗号資産。

イーサリアムはプロジェクトの名所で、ETHはコミュニティで使用されている通貨です。

スマートコントラクトというブロックチェーン上で契約処理を自動化する機能を備えており、契約処理の安全性や不必要なコスト削減などが可能になります。

公式サイト:Ethereum

通貨単位:ETH

国内取引所:Money Partners/Liquid by FTX/bitFlyer/bitbank/GMOコイン/Huobi/BTCBOX/BITPoint/DMM Bitcoin/SBI VC Trade/Bitgate/Coincheck/Rakuten Wallet/DeCurret/LINE BITMAX/OKCoin Japan/kraken/CoinBest/CoinTrade/Tokyo Hash/Coinbase/Zaif/SEBC

Ripple(リップル)

国際送金の暗号資産

リップル社の決済ネットワークリップルネットで発行されている暗号資産。

次世代の国際送金プラットフォームを目指しており、国際送金の手数料の高さや送金スピードの遅さなど既存システムの課題を改善するシステムを構築しております。

世界中の銀行や金融機関と提携しており、国内でもSBIホールディングスなど数多くの金融業が提携しています。

公式サイト:Ripple

通貨単位:XRP

国内取引所:Liquid by FTX/bitFlyer/bitbank/GMOコイン/Huobi/BITPoint/DMM Bitcoin/SBI VC Trade/Coincheck/DeCurret/LINE BITMAX/OKCoin Japan/kraken/CoinBest/CoinTrade/Zaif/SEBC

Solana(ソラノ)

高速ブロックチェーンの暗号資産

ソラナのプラットフォームで発行されている暗号資産。

ソラナはプラットフォームの名所で、SOLはソラナで使用されている暗号資産です。

ソラナは世界で最も高速なブロックチェーンであり、暗号資産で最も急速に成長しているエコシステムであり、DeFi、NFT、Web3などにまたがる何千ものプロジェクトがあります。

公式サイト:Solana

通貨単位:SOL

国内取引所:Liquid by FTX/Coinbase

Cardano ADA(ガルダノエイダ)

ガルダノの暗号資産

イーサリアムの創設者の一人でもある数学者のチャールズ・ホスキンソン氏が生み出したガルダノプラットフォームで発行されている暗号資産。

ガルダノはブロックチェーンプラットフォームの名所で、ADAはガルダノで使用されているトークンです。

イーサリアム 同様に分散型アプリ(Dapps)を開発しております。

公式サイト:Gardano ADA

通貨単位:ADA

国内取引所:GMOコイン/Huobi/BITPoint/Coinbase/SEBC

Polkadot(ポルカドット)

ポルカドットの暗号資産

イーサリアムの創設者の一人でもあるギャビン・ウッド氏が率いるWeb3Foundationで構築されたポルカドットプラットフォームで発行されている暗号資産。

ポルカドットはプロジェクト名所で、DOTはポルカドットで使用されているトークンです。

ポルカドットに参加しているブッロクチェーンの相互運用とセキュリティ共有、スケーラビリティの向上を目指しております。

公式サイト:Polkadot

通貨単位:DOT

国内取引所:Liquid by FTX/bitFlyer/GMOコイン/BITPoint/SBI VC Trade

Dai(ダイ)

MakerDAOの暗号資産

MakerDAOのプラットフォームで発行されている暗号資産。

米ドルにペックされ担保に裏付けされたステーブルコインです。1ダイあたりの価格が1ドルとなるよう作られています。

常に1ダイが1ドル分の価値を保つためにイーサリアムを採用しており、MakerDAOにETHを預けることによってダイが発行される仕組みになっております。

公式サイト:Dai

通貨単位:DAI

国内取引所:GMOコイン/CoinBest

Cosmos(コスモス)

クロスチェーンの暗号資産

コスモスネットワークで発行されている暗号資産。

コスモスは異なるブロックチェーン同士を相互に繋げるネットワークでエコシステムの名称です。

コスモスエコシステムのブロックチェーンをコスモスハブと呼び、コスモスハブで使用されているトークンをATOMと呼びます。

様々なブロックチェーン同士を繋げて便利に使えるようにしております。

公式サイト:Cosmos

通貨単位:ATOM

国内取引所:GMOコイン

Litecoin(ライトコイン)

ビットコインの次に古い暗号資産

ビットコインの次に古い暗号資。

最初に誕生したアルトコイン でもあり、ビットコインがゴールドに対してライトコインはシルバーという位置付けで開発されました。

ビットコインをベースに作られましたので技術的にも似ておりますが、ビットコインよりも取引スピードが向上しております。

公式サイト:Litecoin

通貨単位:LTC

国内取引所:Money Partners/Liquid by FTX/bitFlyer/bitbank/GMOコイン/Huobi/BTCBOX/BITPoint/DMM Bitcoin/SBI VC Trade/Coincheck/DeCurret/LINE BITMAX/OKCoin Japan/CoinTrade/SEBC

Chainlink(チェーンリンク)

オラクルの暗号資産

チェーンリンクは分散型オラクルネットワークです。

オラクルネットワークはスマートコントラクトと実世界のデータを接続することを目的としております。

既にGoogleなど1,000以上の企業がエコシステムに参加しております。オラクルで使用されている暗号資産をLINKと呼びます。

公式サイト:Chainlink

通貨単位:LINK

国内取引所:bitFlyer/bitbank/GMOコイン/BITPoint/SBI VC Trade/kraken

BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)

ビットコインから誕生した暗号資産

ビットコインがハードウォークしたことにより誕生した暗号資産。

ビットコインの送金遅延や手数料の高騰の問題を解決するためにハードウォークにより誕生しました。

ビットコインと基本的な仕様は一緒ですが、ブロックサイズ、処理能力、送金手数料などがビットコインより優れております。

公式サイト:BitcoinCash

通貨単位:BCH

国内取引所:Money Partners/Liquid by FTX/bitFlyer/bitbank/GMOコイン/Huobi/BTCBOX/BITPoint/DMM Bitcoin/SBI VC Trade/Coincheck/Rakuten Wallet/DeCurret/LINE BITMAX/OKCoin Japan/kraken/CoinTrade/Zaif/SEBC

TRON(トロン)

エンターテイメント暗号資産

トロンのプラットフォームで発行されている暗号資産。

エンタメ系のコンテンツに特化しており、デジタルコンテンツを配信するシステムを構築する目的とした中国初の暗号資産です。

イーサリアム同様にスマートコントラクトを使ってトークンや分散型アプリ(Dapps)の開発をしております。

公式サイト:TRON

通貨単位:TRX

国内取引所:Huobi/BITPoint/OKCoin Japan

FTX Token(エフティーエックストークン)

取引所Liquid by FTXのトークン

FTXで発行されているトークン。

FTXがLiquidを買収し、国内ではFTX Japanが運営している取引所Liquid by FTXで取引されています。

FTXは取引金額が大きいほど手数料が割引されるような特徴があります。

公式サイト:FTX Token

通貨単位:FTT

国内取引所:Liquid by FTX

Stellar(ステラルーメン)

個人送金の暗号資産

ステラ開発財団が開発したステラのプラットフォームで発行されている暗号資産。

個人間送金や国際送金問題を解決することを目的として開発されました。

リップルをベースに作られましたので技術的にも似ておりますが、リップルが銀行に対してステラは個人間の送金にターゲットを絞っております。

公式サイト:Stellar

通貨単位:XLM

国内取引所:Liquid by FTX/bitFlyer/bitbank/GMOコイン/Huobi/DMM Bitcoin/Coinbase

OKB Token(オーケービートークン)

取引所Okexのトークン

中国の取引所Okexで発行されているトークン。

国内でオーケーコインジャパンが運営している取引所OKCoinJapanで取引されています。

市場に流通しているオーケービートークンを一定期間ごとに買い戻して焼却することで、流通量を調整することが特徴です。

公式サイト:OKB Token

通貨単位:OKB

国内取引所:OKCoin Japan

EthereumClassic(イーサリアムクラシック)

イーサリアムから誕生した暗号資産

イーサリアム がハードウォークしたことにより誕生した暗号資産。

The DAO事件をキッカケに一部のコミュニティが反発を起こし分裂しハードウォークにより誕生しました。

イーサリアムと基本的な仕様は一緒ですが、発行上限数など設定されていたり、IoT分野に注力しています。

公式サイト:EthereumClassic

通貨単位:ETC

国内取引所:bitFlyer/Coincheck/SEBC

Tezos(テゾス)

ハードウォークを必要しない暗号資産

テゾスのプラットフォームで発行されている暗号資産。

自らをアップグレードしてハードウォークを必要としない仕様になっております。

これによりコミュニティ内の対立で分岐するリスクがなく安定した運用が可能となります。

公式サイト:Tezos

通貨単位:XTZ

国内取引所:bitFlyer/GMOコイン

Maker(メイカー)

MakerDAOのトークン

MakerDAOのプラットフォームで発行されているトークン。

メイカー を引き換えに暗号資産DAIを発行することができます。

Makerの仕様変更などの際に1メイカー=1票として投票することができます。

公式サイト:Maker

通貨単位:MKR

国内取引所:bitbank/GMOコイン

Huobi Token(フォビトークン)

取引所Huobiのトークン

中国の取引所Huobi Globalが発行するトークン。

国内ではHuobi Japanが運営している取引所Huobiで取引されています。

市場に流通しているフォビトークンを一定期間ごとに買い戻して焼却することで、流通量を調整することが特徴です。

公式サイト:Huobi Token

通貨単位:HT

国内取引所:Huobi

Enjin(エンジン)

オンラインゲーム暗号資産

老舗のゲームコミュニティ企業が主導権をとるエンジンのプラットフォームで発行されている暗号資産。

エンジンはプロジェクトの名所で、ENJはプラットフォームで使用されている通貨です。

オンラインゲームのコンテンツに特化しており、ゲーム開発者とゲーマーにブロックチェーンのトークン化されたアイテムなどツールを提供しエコシステム構築を目的としております。

公式サイト:Enjin

通貨単位:ENJ

国内取引所:bitbank/GMOコイン/DMM Bitcoin/Coincheck/OKCoin Japan

M
暗号資産(仮想通貨)ランキングは上位3つ以外は比較的に変動が激しいです。各暗号資産でプロジェクト目的や特徴が異なりますので、購入する際は時価総額のみで判断せずに目的や特徴を理解した上で購入することをオススメします。