2018年仮想通貨(暗号資産)の総括と今後の期待

ビットコイン




総括

2017年後半に価格が高騰した仮想通貨(暗号資産)だが、2018年1月に起こったコインチェックのNEM流出騒動以来、価格が急落した。

2018年半ばに入り、仮想通貨(暗号資産)の下落の勢いは落ち着きを見せているが、価格が高騰することはなくなった。

世界中で仮想通貨(暗号資産)の
規制の流れ

G20でも仮想通貨(暗号資産)の問題について話し合われ、日本では金融庁が取引所の立入検査を行って業務停止命令や業務改善命令を出していることから、取引所や仮想通貨(暗号資産)全般に対する信頼感が薄れてしまい買い控えされています。しかし、規制することによって、問題となっているマネーロンダリングや詐欺コインが減っていくことが予想されます。

日本では金融庁に登録している取引所が日本仮想通貨交換業協会を発足しており、自主ルールの制定や体制の整備を行っている。このように規制は悪いことだけではなく、誰もが安心して安全に仮想通貨の取引ができるようになります。

期待

仮想通貨(暗号資産)産業に
参入を表明している大手企業

マネックスグループ

SBI

ヤフー

楽天

LINE

メルカリ

エイベックス

このような規制の流れの中でも日本の大手企業も仮想通貨(暗号資産)産業に乗り出すことを発表しており、まだまだ仮想通貨(暗号資産)は将来性が高いと評価されている。

ブロックチェーン技術の期待

仮想通貨(暗号資産)としての役割だけではなく、ブロックチェーン技術で世界中の産業システムを変化させることが期待されています。

不動産、保険、医療、証券といった書類が多い業界では、ブロックチェーンを使うことによって、コストと時間を削減できます。他にも物流やサービス、行政など様々な業界もブロックチェーン技術に注目しています。

世界中の大手企業が開発に取り組んでおり、近い将来はブロックチェーンがあらゆる場面で使われることになると予想されます。

ヒロト
2018年は悪いニュースがよく流れていたけど、逆に規制によって安心して取引ができる体制や企業だけに精査されている。また、これだけの大手企業が参入を表明していることは、間違いなく仮想通貨(暗号資産)産業は世界を変える技術と期待されており、将来が楽しみな業界だと考えます。